古河電工パワーシステムズ株式会社

技術情報

ウォータージェットによる切断加工

ウォータージェットによる切断加工の写真

圧縮した超高圧水に混合した微粒子物(ガーネット)を対象物にぶつけることにより直線は基より・自由曲線的にどのような材質のものでも切断することができます。特に平板材から多種類で複雑な曲線形状の半製品や製品を最も経済的な切断配置にて切断出来るので素材の無駄を防げます。

特長

  • 水による切断なので酸化による変色や歪が有りません。
  • 異種材料の複合製品でも自在に切断出来る。
  • 複雑な形状の加工が出来る。
  • 金属・非鉄金属・非金属材料・軟質・硬質等の加工が出来る。
  • レーザーや刃物では切断不可能な硬い物でも加工出来る。
  • 専用冶具(金型等)を必要としない。
  • 切断時に熱をほとんど発生しない(切断終了時のワーク温度、約30℃)
  • 寸法加工精度±0.3mm
  • 平面材料(板材)を得意とする。

加工例

端子(銅+黄銅)と碍子(磁器)を切断した写真
端子(銅+黄銅)と碍子(磁器)を切断

自由な形状に切断(ベリリウム銅)した写真
自由な形状に切断(ベリリウム銅)

自由な形状に切断(アルミ)した写真
自由な形状に切断(アルミ)

大板から切り出した(アルミ)写真
大板から切り出し(アルミ)

ページの先頭へ