古河電工パワーシステムズ株式会社

スポット溶接ガン

可とう導体・端子

コーペル(シャント)

コーペル(シャント)の写真

薄い銅条あるいは銅箔を必要枚数重ね合せたものを可とう部とし、その両端に相手端子と接続するための端子を各種方法(電子ビーム溶接(KE型)、アルゴン溶接(KW型)、リベットカシメ(KR型)、ハンダ固定(KS型)、角管圧縮(KC型)) によって作られる電気接続用導体です。

特長

  • 標準銅条厚さ。  
    ・標準銅条厚さは0.2mmです。  
    ・他の銅条厚さとして0.05mm、0.1mm、0.5mmも製作可能ですのでご相談下さい。
  • サイズが自由です。  
    電気容量的にも、又端子形状的にも小サイズから大サイズまで製作することができます。
    本カタログ以外のサイズも製作可能です。ご相談ください。
  • KE型、KW型は端子部の特殊形状に対応できます。
KE型コーペル(電子ビーム溶接)の写真

重ね合せた銅条と銅板を電子ビーム溶接したコーペル。

KW型コーペル(アルゴン溶接)の写真

重ね合せた銅条に銅板をアルゴン溶接したコーペル。アルミでも製作可能です。

KR型コーペル(リベットカシメ)の写真

重ね合せた銅条の両側に銅板をリベットカシメしたコーペル。

KS型コーペル(ハンダ固定)の写真

重ね合せた銅条をハンダによって固定したコーペル。

KC型コーペル(角管圧縮)の写真

銅条を重ね合せた、端子部は角管を圧縮成型によって固定したコーペル

製品に関するお問い合わせ(フォームメールでのお問い合わせ)

ページの先頭へ