古河電工パワーシステムズ株式会社

可とう導体・端子

可とう導体・端子

ケーブル

電気炉用CT型ターミナル付ケーブル

電気炉用CT型ターミナル付ケーブルの写真

電気炉用CT型ターミナル付ケーブルの写真

特長

  • ケーブルの素線切れが少ない。
    端子部を断線防止構造としているため、ケーブルの素線切れが非常に少ない。
  • 形状について
    ケーブルと端子との接続は、圧縮加工で行われています。
    なお、ケーブル同志による接触防止、及びケーブルの笑い止め防止のためにゴムリングをパンチ・バンドで締め付けてあります。(ケーブルを軟銅線で締め付けたタイプもあります。)

構造

構造図

構造図

型番 公称断面積
(mm2)
各部の寸法(mm) 使用ボルト径 より線構造
A1 A2 B C W T D
CT- 500 500 25 60 125 255 65 9 22 M20 37/27/0.8
CT- 600 600 25 60 125 255 68 9 22 M20 32/37/0.8
CT- 725 725 25 60 125 255 81 9 22 M20 24/61/0.8
CT- 785 785 35 70 140 270 81 9 27 M24 37/27/1
CT- 850 850 40 70 150 280 82 10 27 M24 18/61/1
CT-1000 1000 50 80 180 325 93 10 27 M24 21/61/1

(注)ケーブルの笑い止め及び接触防止用で、次の2種類ありますので、注文時にご指示ください。
(a)軟銅線(b)ゴムリング

(注)全長“L”寸法は、注文時にご指示ください。

(注)端子接触面はすずめっきを標準としています。これ以外に、銀メッキ等も製作可能です。

製品に関するお問い合わせ(フォームメールでのお問い合わせ)

ページの先頭へ

可とう端子

コーペル(シャント)

フレキ導体

ケーブル