古河電工パワーシステムズ株式会社

エフコ製品

エフコ製品

放熱シート

シロキサンフリー「エフコTMシート」

シロキサンフリー「エフコTMシート」の写真シロキサンフリー「エフコTMシート」の写真
シロキサンフリー「エフコTMシート」

低分子量シロキサンを発生せず、接点不良などの障害を防止する高性能放熱シートです。

エフコTMシートの特長

シロキサンフリー

エフコTMシートは、アクリル系ゴムやTPE(熱可塑性エラストマー)などを使用した高性能放熱シートです。低分子シロキサンが発生しませんので、接点不良などの障害を起こしません。

シロキサン検出量(GC-MS)のグラフ シロキサン検出量(GC-MS)
(注)測定値は、当社法にて測定

環境対応

  • 全てのTMシートはRoHS規制に適合しております。
  • ハロゲン、鉛、フロン類などの有害物質を含有しておりません。
  • 難燃性 UL94 V-0を取得しています。(UL File No.E210580)

国産材料、国内工場製

  • 日本国内産(または国内調達)材料のみを使用しております。
  • 開発、設計、製造を国内自社工場で行っております。(ISO9001、ISO14001取得工場)

UL94の認定取得

安全の証であるUL規格に合格している各種グレードを用意しています。

電化製品の輸出に対しては支障ありません。
(UL. file No.E210580)

V-0 TM シートEE-R EE-RT
TM シートEE-RS
TM シートV30
TM シートUT-2

エフコTMシートの特性表

  材質/特長 イメージ 厚さ※2 (mm) 熱伝導率 (W/mk) 硬度※3 (Asker C) 体積抵抗率 (Ωcm) 難燃性 耐熱温度※4 (°C)
Min Max
EE-R アクリルゴム/高熱伝導 0.5 8.0 3.0 60
(50)
1×1010 V-0 -40~120
EE-RT アクリルゴム/
保護フィルム付
0.3 1.5 3.0 60
(50)
1×1010 V-0 -40~120
EE-RS アクリルゴム/柔軟 1.0 6.0 1.6 35
(20)
1×1010 V-0 -40~120
V50 TPE※1/硬質
0.5 2.0 50
(45)
1×1014 V-0 -40~125
V50T TPE/
硬質・保護フィルム付
0.3 2.0 50
(45)
1×1014 V-0 -40~125
V30 TPE/柔軟・弾性 1.0 8.0 1.7 30
(25)
1×1014 V-0 -40~120
V15
(開発中)
TPE/超柔軟 2.0 5.0 1.2 15
(10)
1×1014 V-0 -40~120
HF-N
(開発中)
ポリオレフィン/
硬質・高熱伝導フィルムタイプ
0.3 2.0 80
(80)
1×1014 V-0
相当
-40~120
UT-2 アクリルゴム/
柔軟・高熱伝導
1.0 3.0 3.0 40
(30)
1×1010 V-0 -40~120
備考 JIS B 7503 JIS R 2616 JIS K 7312 JIS K 6911 UL 94 ※4

※1 TPE:Thermo Plastic Elastomer (熱可塑性エラストマー)
※2 厚さはMinからMaxの間で0.5mm単位で製造可能ですが、通常製造していない厚みもございます。
※3 アスカー硬度は瞬間値を採用しますが、15秒後値を採用するメーカーも多いため比較用に併記しました。上段が瞬間値、下段 ( ) 内は15秒後値を示します。
※4 耐熱温度は硬度などの変化から判定しており、使用条件によって異なります。

(注)数値は測定値であり、保証値ではありません。

(注)特性の詳細は電子カタログPDFファイルを開きます。「エフコTMシート」(PDF 1.3MB)(古河電工製品カタログへ)をご覧ください。

エフコTMシートの用途例

産業用

高機能プリンター、光学機器、通信機器、測定機器、液晶ディスプレイ、LED照明、サーバー、ストレージ など

車載用

カーナビゲーションシステム、各種制御機器、ハイブリッド・EV電源、カメラ など

デジタル機器用

PC、デジカメ、HDD、TV用基盤、TVゲーム本体 など

エフコTMシートの寸法

定尺寸法:W230×L150mm

最大寸法:W300×L1000mm

指定寸法・形状での切断・孔加工が可能です。

熱特性測定方法

1. 熱抵抗

熱抵抗の測定は下記装置にて行い、試験条件は、測定時間10分間12Wの発熱量にて行っています。

[原理] 熱抵抗の測定(℃/W)=(発熱体温度-ヒートシンク温度)/印加電力

放熱シートをヒートシンクと発熱体との間に挟み込み、シート(測定面積9.63m2)に対して、均一に圧力をかける。 10分間発熱体により加熱後、放熱シートと接する熱電対による温度差を測定し、前の式により熱抵抗を算出する。

熱抵抗=ヒートシンクとの接触熱抵抗+シートの熱抵抗+発熱体との接触熱抵抗

2. 熱伝導率

JIS R 2616の熱線法に準拠し、京都電子工業株式会社製迅速熱伝導計により測定しています。試料厚みは10mm以上とします。

(注)シート納入形態に関しては、ご相談ください。
(注)製品の改良のため予告なしに製品仕様を変更することがあります。

関連カタログ

環境に配慮しています

eフレンドリーマーク(古河電工サイトへ)
エフコ製品に関するお問い合わせ(フォームメールでのお問い合わせ)

ページの先頭へ

湿度調整用吸湿シート

防食材料

放熱シート

  • シロキサンフリー
    「エフコTMシート」

電気絶縁テープ